2006/11/06

yoyogi pure acoustic vol.5 ライブレポ!!!(長文)

場所は、代々木のBogaloo。代々木駅から地図を頼りに歩いて来たが、思わず通り過ぎてしまったぐらい、控えめな作り(笑)。一人でライブハウスなんて行くのは10何年振りなので、やや緊張。

中に入ってキョロキョロしていると、今日出演する私のアコギ師匠が、わざわざ挨拶に来られた。取り合えず、知った人の顔を見て一安心(笑)。私が着いたのは、開場と同時で30分前。まだ着席してる人も少なく、真ん中の前から2列目に座る。まぁ、ただ木の丸椅子が置いてあるだけなので、列なんてあるようでないんだけど。

この所、酒を飲む機会が無かったので、さっそく店内に流れる大貫妙子のアコースティック版に耳を傾けながら、ハイネケンを飲む。実は、その昔、大貫妙子の大ファンだったので掛かる曲全てが思い出深い。しかも編曲がとてもセンスが良く、帰ったら早速CDを探そうと心に決めた。でも・・・出演者にして見れば、こんな名曲の数々が掛かった後にライブするのはやり難くくないかなーなどと余計なお節介(笑)。

・・・なんて調子で書いてたら、朝になるので、簡潔にいきます(笑)。

油谷阿佑美さん

鳥取県出身のまだ若い女の子。私はお隣の島根県出身なので、妙に親近感を抱きました(笑)。凄くピュアな感じで、まさしくこのイベントにピッタリ。前半は彼女がVoのみ、後半はピアノの弾き語り。最初からよい雰囲気。あとサポートに、ギターとパーカッション。曲は良質なポップスという感じでしたが、結構いい声してるので、もっと自分らしく歌えばファンが付くでしょうね。喋りが舌足らずで頼りなく、オッサンは思わず応援したくなりましたよ(笑)

峰村洋之さん 

我がアコギ師匠がプロデュースし、自らが参加されている「Merry Go Rounds」のメンバーがサポート。アコギ、グランドピアノ、カポ、エレキベースの構成。あっという間に4曲が終了。師匠もバックに徹しておられたので、少し物足りなかったかなぁというのが率直な所。でも、私のお気に入りであるボニーレイットを歌うなんざぁ、結構なセンスだと勝手に感心(笑)。また、この峰村さん、もっと若い人かと思ったら、そこそこの方だったので少し驚いた(笑)。


清田哲平さん 

正直、私は男性ボーカリストに全然っ興味無いんですが(笑)、そんな私でさえ心地よく聞かせて戴きました。とにかく声が腹から出て通るし、普通に、というか自然に自分らしく歌えている感じ。ギターも上手い。かなりライブ馴れしてる感じでした。そして、サポートのパーカッション&グランドピアノの「ハル」君はジャニーズの売れ筋になれるんじゃあないかというルックスの持ち主。固定ファンもいる様で、ここら辺から、かなり盛り上がり方が変わってきましたね。

(ここら辺で猛烈に首とお尻が痛くなってくる。首は、あまりにも前の席過ぎて(ステージから1m!)見上げる感じになるから。お尻は痩せてから天然のクッション(脂肪)が無いせいで固い椅子には長時間座れなくなってしまったから。次回は何か持っていこう・・・)

MIKIさん 

最初の感想。「この人、大きいなぁ。また一段と見上げないと駄目だぁ。首が・・・。」それもその筈、もともとバレーボールをやって来て、教える立場にいたそうな。すごい転進です。構成は、彼女がVoで、ピアノがヨン様似の(笑)ナカタニ・ミキという男の方。このピアノのアレンジが、とても情緒的というか、ドラマティックというか聞き惚れてしまいました。彼女の歌を強力にバックアップしてましたね。で、歌ですが、HPを見ると、当日は39度の高熱を出してたとか。なるほど。少し辛そうでしたから。ベストな時、もう一度見たいですね。なかなか心にグッとくる曲を書く方です。芯の強い優しさが出てます。

Spring-Roll 

スモークの煙をやたら気にするVoと、椅子の高さに拘りを持つピアノの、女性二人組(笑)。いやアーティストはやはり繊細で無ければ。この二人、トークの時間をとても大切にしていたので、彼女達がどんな人物なのか良くわかり親近感が持てました。Voは、かなり高く透る声でしたが私の好みとは少し違う。しかしピアノは、もうこれだけダイナミックに弾きあげる人を見たのは初めて。気持ち良かったです。リズムの取り方も格好良かったなぁ。これが私!という感じで、なかなか魅力的でした。

rush!

知っている人も多いんじゃあないでしょうか。ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの3人組でクラシックをベースに幅広い音楽を演奏されているお姉さま方です(笑)。しかし、楽器がサイレント、伴奏が打ち込み・・・って全然、アコースティックじゃあ無いじゃん!!!(笑)本人達も「空気読めてませーん」と笑いを取ってました(笑)。しかし、演奏は、もうサスガ、クラシック畑の人たちですね。超絶技巧の速弾きで、目が覚めました。

・・・え?

目が覚めた原因は他にもあるだろうって?
いや〜私は、世の野郎どもに言いたい。

「君は、rush!のライブを、1m前で見た事があるのかっ!!!」

と(笑)。反則です。フェロモン出過ぎです。血圧上がります(笑)。

ever*green 

少々ベテランな感じで、ボーカルは藤井フミヤっポイでしょうか。やはり、かなりライブ馴れされてますね。他のメンバーも飛び入りで参加したりして、実にアットフォームな感じのライブでした。もちろん歌も聞かせます。いい歌、書きますね。VoとGの二人組みの様ですが、途中でストラトキャスターでの伴奏は戴けなかったなぁ。やはりアンプラグドを貫いて欲しかったです。最後は、主催の川本氏やrush!のメンバーも入って盛大に、感動的なフィナーレ。良かったです。

総括すると、アコースティックの音は、最高ですね。このライブハウスの音響も良いんでしょうか。ライブといえば、耳がジンジンして帰るもんなんですが、非常に清清しい気持ちで家路につきました。また、こういうライブがあれば、積極的にいきたいと思います♪


PS.

結局このイベント、超満員でギッシリ立ち見状態だったので、席を立つ事もできず、お酒は最初のビール1杯だけ。。。まぁ、いいけどね(笑)。あと3年前に煙草を止めた身としては、体に染み付いた煙草の臭いと、煙で目が辛かったなぁ。

| | コメント (4)

2006/02/28

見たいもの多過ぎ・・・

前の更新から1週間も経っていたのですね。
お久しぶりです。

ちょっとパニック気味に忙しかったり、
その合間に大腸バリウム検査でトイレとお友達になったりで、
わけわからん状態でした。

ま、そんな話はさておき。

◎阪神

・野口
オープン戦を見て気付いたのですが、
昨年の出場が18試合しか無いんですね。
ありえないなぁ。岡田監督の使い方は。
まぁ野口も球団の誠意は契約で示して貰っているから、
いいかも知れないですが、現場の誠意も大事だと、
思いますけど。

・上坂
思った通り、いい感じが続いてますね。
私なら、もっと使うんですけどね。
赤松も故障してしまったし、
前半戦は、是非とも上坂を使って欲しい所です。

・岡崎
解説の有田氏が、
「捕球が、球に差し込まれてる。だからスローイングも遅くなる」
と、言ってましたね。
キャッチングもスローイングも駄目じゃあないですか。
がっくりしました。こうなると三番手は打撃で浅井になりますね。

・井川
ダイジェストで見ましたが、確かにスリムですね。
ま、彼の場合、ピンチでの精神的なものだと思ってますので、
今の段階では、なんとも。


◎音楽

私の家は、アナログ放送のケーブルTVを2台分導入していたのですが、
その片方を、デジタル放送対応に変えました。

それにより、チャンネルが飛躍的に増えたのですが、
その中の一つに、ミュージック・エアというチャンネルがあるんですが、
もう、ハマリました。

さすが「大人の音楽専門チャンネル」というだけあって、
ロック、ジャズ、ブルース、クラシックを始めとする、
本物の音楽が目白押し。

1日10時間ぐらい見たい番組があります・・・。

ま、まだ見始めたばかりなので、
これから無駄を省いていこうと思いますが、
WBC、オープン戦と、どう両立させようか悩み中です。

とりあえず、今日はサンタナのライブでも見るかぁぁ。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

> “超バカの壁”(養老孟司著、新潮新書、680円税別)
> と“国家の品格”をほぼ同時に読みました。

バカの壁は凄く話題になってますね。
私はヒネクレテいるので(笑)、
売れ過ぎていて手を出す気にならなかったです。
古本で出回れば、買うかも(笑)

>それにしても民主党は何をやってんでしょうか。

デイリーの安部譲二氏のコラム?で、永田議員は
自民党の4点セットから国民の目を逸らさせる為に、
ガセネタを掴まされたとか、書いてありましたが、
自民党崩壊の危機だっただけに、案外、冗談では
片付けられない考えに見えます。

・江草
> 他チームなら確実にローテーションです。
いやいや、ウチでもローテーションレベルに来たと思いますよ。
ブルペンでも、去年の藤川ぐらいの球がきてるとか。


・ライト
打撃で、林に期待したかったのですが、
彼の守備では、ライトは厳しいというのが、
正直な感想です。
今のままなら、やっぱり浜中でしょうね。

・前田大和
彼、プレイは惚れ惚れしました。鳥谷が外せないので、
二塁にコンバートでもいいかなぁ・・・なんて。
> 赤星の打撃を大いに参考にすれば良いと思います。
赤星は、大学、社会人を経て、さらにプロで山ほど練習して、
今の姿がありますから、先は長いかも。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/02

ラジオ その2@愚痴、音楽

先日、「癒し系のラジオ番組が少ない」という話を書きましたが、
逆に多く感じるのは、男性タレントが「がなり立てる」パターン、
それから、私の知らない声優さん達が出る番組でしょうか。(アニメ系?)
ちょっと、聞けないですね。悪いですが。

えっと、前から思っていたのですが、最近の声優さんって、
「ただ喋っている」という人が多くないですか?
何も伝わってこない。いや、伝える気なんて無いのかも知れない。
まぁ、喋る方も聞く方も、そういう感じを求めているなら、
いいのかも知れませんが、どうなんでしょう?

あ、そういえば、昔、パックインミュージックという番組で、
野沢那智氏と白石冬美さんという声優さんが、
DJをされていましたね。あれは、最高の番組でした。
これと比べたら・・・。


あと、ラジオの使い方としては、何といっても、
知らない音楽と出会う場でしょうか。

そういう意味で、断トツのセンスを見せ付けていたのが、
FEN、いわゆる在日米軍向けラジオ局でした。
もう、ここで掛かる曲、掛かる曲、全部いい。
ポップス、ロック、カントリー、いずれも、一流どころをくまなく網羅していました。

しかし、今では、どうでしょう。
何回か聞いてもみましたが、うーん、編成も含めて、前よりは。。。
なんでも、カリフォルニアで作成した番組を世界全局が放送する、
AFN(American Forces Network:米軍放送網)というものに
変わったらしいので、私と趣味が合わないのかも知れません。

そんな折、物凄いラジオ局を見つけました。
ええ、今時のインターネットラジオです。

ご存知かも知れませんが、まず聞き方から。
ソフトは、Windowsなら、みんなインストールされている、
WindowsMediaPlayerを使います。
バージョン10 で説明しますと、フルモードで表示で、「ガイド」をクリック。
色んな項目が出てきますが、そんなのは無視して、
右側の「今週の特集!」の下にある、「ラジオチューナー」をクリック。

さて、ここから、ラジオ局を選ぶのですが、相手は世界中のラジオ局なので、
もう星の数ほどあります。ですから、好みの局は、そのうち探して戴くとして、
とりあえず、私のお勧めの局を。

「キーワードで検索」の所で、「ChoiceRadio」と入力し、「→」。
(一覧が表示されますが、「速度」で並び替えをすれば、選びやすいです。)
この中で、「Blues」、「Women」,「Country」とか良かったですね。
なんというか、ピンとくるんですよねぇ。選曲が。

※注意事項ですが、番組を選択して、「再生」をクリックすると、
いろいろと宣伝のポップアップが出てくるかと思いますので、
変にクリックしたりしないように、ご注意下さいませ。

あとのお勧めは、「AccuRadio」でしょうか。(同じく検索で)
これ、クリスマスとか、特集もあるので、イベント時のBGMで使うには最適ですよ。
(いや別にPCと録音機器を繋げて専用テープ作成、、、なんて事は言ってません)

※なお、この局はWebアクセスになるので、ブラウザで操作して聞くことになります。

皆さんも、色々と探して見て下さい、そして、お勧めあったら、
ぜひ教えて下さいませ。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)