« ボロ負け試合と、イチオシの音楽・・・ | トップページ | スポーツ界、そして、食品業界・・・ »

2006/07/27

狂牛と、農薬まみれの野菜・・・

阪神ですが、また負けましたね。
TVを付けたら、中日の岩瀬が投げていたので、
楽天戦に変えてしましました。
(こっちも負けましたけど)

という訳で、今日は、野球なんかより、狂牛病の話でしょう!!

本日、アメリカ産牛肉の輸入再開が正式決定したそうです。

なんでも、視察団が35ヶ所見て、34ヶ所にOKを出したので、
決まったらしいです。

しかし、彼らはいったい何を視察して来たんでしょう?
”また”、観光して帰って来ただけじゃあ、無いんですか???

と、いうのも、お隣の韓国でも、ついこの間、
輸入再開を検討する為に、アメリカに視察団を送ったのですが、
出した結論は、もちろん、、、、

速攻で輸入禁止続行!!!

とてもじゃあないけど、輸入できる安全性じゃあ無かったそうです。

それに比べて日本は・・・。

さすが、アメリカの飼い犬、コイヅミの国です。
これからは、どこへ行くにも弁当だなぁ。
皆様も、どうかヤコブ病やアルツハイマーにお気を下さい。


話は少し変わりまして。

この所、子供達に大流行のムシキング。

当然、子供達は本物の昆虫が欲しいと親にねだり、
クワガタやカブトムシを飼うことになる訳ですが、
そこで、今、私のまわりは、ちょっとした騒動が起きています。

と言うのも、普通、昆虫は、果物や野菜などを
あげて飼うと思うんですけども、飼っている人の話を聞くと、
近所のスーパーなどで買った普通の野菜などを、
そのまま昆虫に与えると、次から次へと死んでいくそうです。

(くどいようですが、実話です。)

これが何を表しているか、もうお分かりですね・・・

そう、普通に売っている野菜や果物は、
あまりにも農薬や坊カビ剤などが強い為、
昆虫達は、とてもとても耐え切れないのです。

これを見た奥様方は、唖然呆然。
「もう安い野菜なんか子供達に与える事はできないっ」と、おお騒ぎ。

そりゃそうでしょう、スプレーの殺虫剤を、
ずっと口あけて吸い込む事ができる人なんて誰もいないでしょう?

野菜さえ食べていれば、「うーん、なんだかヘルシー」と言っている、
健康おたくの方々!

殺虫剤がたっぷり染み付いた野菜を食べて、
人間に害が無いなんて、誰も保障してくれませんよ!

もっと危機意識を持たないと、何年か後には、
えらい事になるでしょう。

ではでは。

|

« ボロ負け試合と、イチオシの音楽・・・ | トップページ | スポーツ界、そして、食品業界・・・ »

コメント

虎鼓さん、ご無沙汰です。
キュウリなら差し上げましょうか。
というのも、子供の学校の企画で“苗屋さん”というのがあって、
子供達が育てた苗(当然この時点で無農薬)を10円とかで売っていて、
買ったキュウリがプランターでボチボチ出来上がっております。
農薬は使い方が解らず、当然子供にも悪いと思うので使っておりません。
(虫が大分見えますが…。)
経験が無く、適当以前のレベルでプランターに移して、
水と肥料だけふんだんにやっていたのですが、
2本も育って、家族5人の私が、
余るキュウリのために糠床でも用意しようかと思うくらいですから。
まあ、少なくともキュウリは苗が1本育ってくれれば今年の経験上、
家族3人なら充分一夏は過ごせると思いますよ。
食べると確かに美味いので来年からはプランターの数を増やして、
トマトや茄子等にも手を出してみようかと思います。
ただ、元マンション管理会社社員としては、
もしマンション住まいであれば、
バルコニー(ベランダ)でのプランターはあまりお勧め出来ませんが…。
(マンションのバルコニーは火災等の緊急時の避難経路です。
多分、管理規約には明記されています。
プランターや簡単な倉庫等で隣家との通路を塞ぐと、
万が一の際に損害賠償を求められると負ける可能性が高いです。
私はとりあえず自営の工場の前でやってます。)
もうちょいしたらオクラも出来てきそうです。

って
俺は農民か!

という感じですが結構ハマっています。
店前で無農薬とか減農薬とか言われるよりも、
自分で育てた野菜なら100%信用出来ますしね。

それにしても、今の状況で米国産牛肉って誰が買うんだろう。

昔々の話ですが、アメリカでマスキー法という排ガス規正法が可決されて、
当時の技術レベルではクリアするのは無理とされていたのを
ホンダがシビックでクリアして、
以後アメリカでホンダがシェアを伸ばしたという歴史があります。
(次にクリアしたのがトヨタ。当然、シェア大伸び。)
アメリカが日本で牛肉を売りたいなら、
日本人が求めるクオリティーを100%満たすのが
アメリカの義務だと思うんですがねえ。
アメリカの業者にも日本の基準に合わせる
=全頭検査すると言った所が
何故かアメリカで排斥されたり…。
じゃあ、アメリカ産の牛肉は買えないですね。
=吉野家には当分行けないなあ…。

少なくとも品質は、相手が求める最低レベルは確実にクリアするのが当然。
それをクリア出来ない商品は売れないのは、これまた当然。
輸入が再開されても売れない
=それで日本政府がアメリカに責められて買うように言われるのであれば、
アメリカの業者の努力不足としか思えない。
のは私だけ?

長文失礼。
では。

投稿: 三児の父 | 2006/07/27 20:24

管理人さん、お久しぶりです。
管理人さん、「食」に対して敏感ですね。
私、食品会社ですけど、鈍感ですね。
(ウチは水産物ですが。)

野球も、最近少し見る程度ですね。
勝っている場合、9回の藤川をみて後はどうでもという感じですね。見切りは早くなってます。
今年は、中日でしょう。他が弱いから、阪神はAクラスは確保しそうですけど。

投稿: スリム | 2006/07/27 21:09

虎鼓さん、どうもです。

クソ腹の立つ試合ばかりしている阪神ですが、
こんな本を見つけました。
“元・阪神 そしてミスタータイガースは去った”
(矢崎 良一編、廣済堂文庫、571円+税)
この種の本は買わない主義なのですが、
冒頭の特別対談が江夏豊さんとダンプ辻さんという、
私にとっては涙チョチョ切れものでしたので買いました。
藤田平氏と松永浩美氏に関しては認識を改める必要がありますね。

では。

投稿: 三児の父 | 2006/08/03 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボロ負け試合と、イチオシの音楽・・・ | トップページ | スポーツ界、そして、食品業界・・・ »