« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

見たいもの多過ぎ・・・

前の更新から1週間も経っていたのですね。
お久しぶりです。

ちょっとパニック気味に忙しかったり、
その合間に大腸バリウム検査でトイレとお友達になったりで、
わけわからん状態でした。

ま、そんな話はさておき。

◎阪神

・野口
オープン戦を見て気付いたのですが、
昨年の出場が18試合しか無いんですね。
ありえないなぁ。岡田監督の使い方は。
まぁ野口も球団の誠意は契約で示して貰っているから、
いいかも知れないですが、現場の誠意も大事だと、
思いますけど。

・上坂
思った通り、いい感じが続いてますね。
私なら、もっと使うんですけどね。
赤松も故障してしまったし、
前半戦は、是非とも上坂を使って欲しい所です。

・岡崎
解説の有田氏が、
「捕球が、球に差し込まれてる。だからスローイングも遅くなる」
と、言ってましたね。
キャッチングもスローイングも駄目じゃあないですか。
がっくりしました。こうなると三番手は打撃で浅井になりますね。

・井川
ダイジェストで見ましたが、確かにスリムですね。
ま、彼の場合、ピンチでの精神的なものだと思ってますので、
今の段階では、なんとも。


◎音楽

私の家は、アナログ放送のケーブルTVを2台分導入していたのですが、
その片方を、デジタル放送対応に変えました。

それにより、チャンネルが飛躍的に増えたのですが、
その中の一つに、ミュージック・エアというチャンネルがあるんですが、
もう、ハマリました。

さすが「大人の音楽専門チャンネル」というだけあって、
ロック、ジャズ、ブルース、クラシックを始めとする、
本物の音楽が目白押し。

1日10時間ぐらい見たい番組があります・・・。

ま、まだ見始めたばかりなので、
これから無駄を省いていこうと思いますが、
WBC、オープン戦と、どう両立させようか悩み中です。

とりあえず、今日はサンタナのライブでも見るかぁぁ。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

> “超バカの壁”(養老孟司著、新潮新書、680円税別)
> と“国家の品格”をほぼ同時に読みました。

バカの壁は凄く話題になってますね。
私はヒネクレテいるので(笑)、
売れ過ぎていて手を出す気にならなかったです。
古本で出回れば、買うかも(笑)

>それにしても民主党は何をやってんでしょうか。

デイリーの安部譲二氏のコラム?で、永田議員は
自民党の4点セットから国民の目を逸らさせる為に、
ガセネタを掴まされたとか、書いてありましたが、
自民党崩壊の危機だっただけに、案外、冗談では
片付けられない考えに見えます。

・江草
> 他チームなら確実にローテーションです。
いやいや、ウチでもローテーションレベルに来たと思いますよ。
ブルペンでも、去年の藤川ぐらいの球がきてるとか。


・ライト
打撃で、林に期待したかったのですが、
彼の守備では、ライトは厳しいというのが、
正直な感想です。
今のままなら、やっぱり浜中でしょうね。

・前田大和
彼、プレイは惚れ惚れしました。鳥谷が外せないので、
二塁にコンバートでもいいかなぁ・・・なんて。
> 赤星の打撃を大いに参考にすれば良いと思います。
赤星は、大学、社会人を経て、さらにプロで山ほど練習して、
今の姿がありますから、先は長いかも。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/22

直接指導って・・・

今日のデイリーの1面は、
浜中と関本が、岡田監督直々の指導で、
劇的に打撃が進化したとかいう記事でした。

選手が進化した事を素直に喜ぶべきか、あるいは、
打撃コーチ無視で指導して結果を出している事に対して、
危惧するべきか・・・。

人間関係って難しいですね。

次に、阪神にいた中谷捕手ですが、
シーズンオフの間に、楽天に金銭トレードされたんですね。
楽天の1軍に上がったという記事で初めて知りました。

確かに、阪神に比べたら楽天の方が
スタメンへの道のりは早い気がしますから、
彼にとっては良いトレードでしょう。

ま、仮に花が咲かなくても、ノムさんからたくさん吸収すれば、
今後の人生にも役立つ事請け合いですから頑張って欲しいものです。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

> ノムさんの“巨人軍論”(角川oneテーマ21、686円税別)を読みました。

ご紹介ありがとうございます。
忘れてました(笑)。
私も機会を見つけて買いたいと思います。

> ということは桟原はうまくいけばペドロ・マルチネス?

おお、確かにうまく行けば。
結構、急な当番やピンチでも堂々としていたので、
精神的にも強そうですし期待は膨らみます。

> 井川パターンであれば、高めに浮かなければ良いというレベルです。
> “ますはストレートとチェンジアップを磨き直せ”

彼はクセもあるらしいんですよねぇ。
そこら辺を全てコントロールできる精神を
鍛えないと、苦しいかなぁと。

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/20

野球みたいのに

練習試合を結構やっていた今日このごろですが、
残念ながらシンコクな季節がやってきた為、
全く見れてません。

早くカタを付けて、思う存分、野球を見たいものです。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

・相木と桟原

> キャラがかぶっているように思うのは私だけ?
桟原の方がスピードも制球も良かったですよ。
相木は完全に横手という利点はありますが、
あの高めだけで抑え続けるのは難しい気がします。
ま、これから私が見た時より速くなれば別ですけどね。

・投手の球種について

下柳タイプなのか久保田タイプなのかによりますね。
ま、とにかく第一はコントロールである事は間違いないと思います。

> “井川はまっすぐとチェンジアップが低めにきっちり決まるかどうかやないか”

確かに。しかし、岡田監督が期待するのも解りますが、
もう何年もきっちり決まってません。
というか、最初から決まっていたかどうかも覚えてません。
新しい変化球に手を出したいと思うのは、
自分でも行き詰まっているからかも知れませんね。

・前田
> 高卒ルーキーですから、まだ色々言うのは早いですよ。
あ、楽天から移籍してきた前田です。
言葉足らずでした。守備、うまいですよ。

・喜田と林
> 打撃は合格点。課題が守備なのは明白。
この二人で言えば、林の方が断然結果を出してますから、
喜田は苦しいですね。正直。

・日ハム外野の前進守備と金本の凄さ
> 一歩目の速さと正確性が無いと出来ません。
> 喜田や林がこのことに早く気付いてくれれば。

まずは外野守備コーチを総とっかえするべきだと思います。
あまりにも上達しない選手が多すぎますから。
それに気付く選手ならば、とっくに旨くなっているでしょうし・・・。
あ、喜田は捕手だったらしいですね。
下手なのも解ります。


> 武部次男とホリエモンのメールの件。

色々と情報を見ると、どうやら、
メールはガセだけど、ネタは本物らしいですね。
自分の名前の漢字を間違える人はいないでしょうから、
他の人間が打っているのは間違いないでしょう。

> これが調査ミスなら民主浮上の目は全く無くなりますね。

どこかのフリージャーナリストがネタを持ってきたらしいですが、
果たして調査して裏づけしたのか疑わしいところです。
でも、何とか証明して欲しいんですけどね。

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/16

誰が見てもエースは・・・

阪神、Wエースローテだ!開幕・井川、第4戦・下柳

日本の最年長最多勝投手を差し置いて、
既にアメリカに魂を売っている若造が、
阪神の開幕投手だぁ?

・・・あほか。

さんざん気を使ってやっても、
オフにはメジャーへ行かせろとゴネられて、
もしFAが来たら、迷うことなく阪神を捨てる奴に、
いったい何を期待しているのでしょうか。

これが本当なら、仮に今年、リーグ優勝ができたとしても、
この采配なら、また日本シリーズで負けそうです。


ダーウィン株が急騰!「先発・第6の男」に名乗り

ほほぉ。

先日キャンプ中継で見た、ブルペンでの姿は、
相変わらずの立ち投げで、バントとかされたら、
処理できない様なフィニッシュに見えましたが、
じゃあ、たぶん進化しているんですね。

ま、そのうち試合で投げると思いますので、
そこでの投球に注目したいと思います。


話は変わりまして。

広島東洋カープ・前田智徳選手の取材がついに実現!

野球小僧、やりましたねぇ!

前田のロングインタビューなんて、
ありえないでしょう。

もしかして、広島のキャプテンとして、
広報活動しようと決心したのでしょうか。

ま、とにかく、ここ最近ぜんぜん買ってませんでしたが、
立ち読みしてから(笑)購入を決めたいと思います。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/15

筒井・・・微妙〜

昨日の続きで三星戦を。

・筒井

腕が、かなり横から出ていますね。
前から、あんなフォームでしたっけ?

まぁ、スリークォーターで投げているので、
当然、スライダーとかは曲がりが大きく、
左打者は背中から球がくるので打ちにくそうです。

使えるかも知れませんね。ワンポイントなら。

フォームのバランスは悪いこともあって、
ランナーが出ると、ややアタフタした感じですが、
どこかの解説者が、

「左投手のフォームは皆汚いから評価が難しい。
試しに、鏡に写して右投手としてみたら、よくわかる。」

と面白い意見を言ってましたから、まぁ、こんなものかも知れません。


・前田

少しだけ守備を見ましたが、肩も強く安定感がありますね。
打撃は見てないですけど、控えの層は厚くなりましたね。

しかし・・・阪神では普通に守れるだけで名手に見えるのが、情けない。
グラブ使い、足の速さ、肩の強さ、判断など、
全てに置いて凄い守れる野手が一人ぐらい欲しいですな。

ではでは。


・・・追記です。

・喜田

偶然、日本ハム戦での左中間二塁打の場面を見ました。
打った球、外角高めみたいでした。

普通ならファールになるであろうコースですが、
下半身がきちんと粘れていたので、
左中間への鋭い打球となっています。

見直しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

三星0−3阪神

韓国・三星戦ですが、ある程度、見ることができました。

・江草

球が速くて、しかもキレがある。
素晴らしいですね。144kmぐらい出てたでしょうか。

最初に江草を見た時は、130後半がやっとという感じて、
「編成は、どこが良かったのかなぁ」とか思いましたが、
実は、獲得した時に骨折していて、その時が復帰戦だった、
というのが真相だったようで。

よくぞ、ここまで。
何度もいいますが、編成の目、育成、本人の努力に脱帽です。

この試合、ボールは多かったですが、自滅する事なく、
きちんと打ち取っていたので、文句なしです。

・相木

やっと実戦で見れました。
確かに球に力がありますが、制球は荒いですね。

シーズン後半、相手が慣れ、相木に疲れが出た時に、
どんな投球を見せるかでしょうね。
ま、とにかく前半は、力で抑えられると思います。

・桟原

あまり記事になっていない様で。可哀相に(笑)。
球の速さ、147kmは出てました。
もう素晴らしいですよ。

最初、解説者に「もっと変化球おぼえないとぉー」と言わましたが、
見てる前で、キレのあるスライダーと、緩いカーブ、
そしてシュート(シンカー)をコーナーにバシバシ決めて、
解説者の口を黙らせたのは痛快でした。

現段階では相木より買ってますね。

しかし、今年もレベル高い投手陣ですな。
どっかの新聞に、井川、下柳、安藤、杉山は
先発当確などと書いてありましたが、
特に井川とか、のんびりできませんよ。

・鳥谷

解説の藤田平氏が、「どうしても腰が開いてしまう。
若いうちは良いが、基本ができてないから年を取ったら苦労する」
と言ってました。

そういわれれば、確かに開いてますが、
バットの軌道はかなり改善されているので、
これからの課題として取り組んで欲しいですね。

地道に練習して身につける才能があるので、
良い指導さえすれば、一流になるでしょう。

あとは・・・結構、編集でカットされていたので、
今日、時間があれば再確認してみます。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

阪神vs日本ハム

昨日の日本ハム戦、私はskyAで見たのですが、
後半、特番の為に中継が切られたのはショックでしたね。

やはり「プロ野球」は、結果を出した瞬間だけじゃあ無く、
かけひきとか、そこまでのプロセスを観戦する醍醐味もありますから。

そういえば、今日は、韓国のチームと対戦するらしいですね。
ノーチェックでした。失敗。

・能見

解説の湯舟氏が言っていた通り、
ピンチを背負ってから本領発揮。
突然、目が覚めたような投球となりました。
先発としては、抜く所と気を入れる所が無いと、
長いイニングは持たないでしょうから、
そういう意味では、合っているのかも。

フォームの雰囲気的には、Gの岡島みたいですね。
リリースの瞬間、ミットを見てない感じ。
これで大きなカーブでもマスターすれば・・・。
球速はそこそこでも、なかなか打てないのかも知れません。

話は逸れますが、湯舟氏の解説って、
内容が的確で、非常に解りやすいですね。
フォームを見るポイントを知りたい方は、
彼のコメントを注目すると良いかも知れません。

・伊予野

「球が速い右の横手投げ」という事で、
その成長ぶりに物凄く期待をしていたのですが・・・。

中途半端に見えました。
相手打者も全然打ちにくそうじゃあ無い。
投げ方も、リリース前までは横手っぽいですが、
リリース瞬間は、ただのスリークォーターって感じ。
もしかすると打者から見たら、球離れの瞬間も
見え易いのかも。

・田村

球が伸びてる感じはしましたが、
長打をポンポン打たれてましたね。
フォームに欠点があるのか、
風の影響で遠くに飛んだのかは不明です。

球にキレはあるが重みが無いというタイプかも知れません。

ここで中継終わり。
次に野手ですが。。。

・林

最後の勝ち越し3ランは、
山を張ってバットをぶん回した様に見えましたけど、
とにかくミートまでスイングの無駄が無い。
打撃に関しては文句無いですが、
あの緩慢な守備をどうするか、ですな。
昨日もレフとの守備で余裕で帰られてましたし。
攻撃的な守備はできないタイプに見えるので、
コンバートするとしたら一塁が無難かな。

・藤本

球をうまく捌いてましたね。
駄目な時と極端に違います。
この波が今ひとつ定着できない所でしょう。
高めをひっぱってポップフライにするのが無くなり、
逆方向に強い打球が打てれば、良いのですが。


・上坂

実は贔屓選手です(笑)。体に芯があるというか。
流す打球も強いし、足も速い。センター、セカンドもできる。
2番打者として、もっと使って欲しいんですがね。
とにかく、この試合では結果を出したので、
あとは監督しだいですな。

・浅井

打撃については相変わらず初球からガンガン振ってました。
捕手としてアレで良いのかは不明ですが、
代打としては勝負強そうですね。

守備については、、、相手に走られて、暴投。
結局スローイングは直らないみたいですね。
キャッチングも相変わらず上から抑え込む捕り方。
キャッチャー出身の二軍監督の下だったのに。
本人の努力が足りないのか、もう無理なのか。

そういえば、木戸氏は喋り上手ですねー
解説者として、重宝されることでしょう。

・赤松

せっかくのチャンスだったのに、
足を故障して出場せず。幸先悪いですな。

・全般

阪神の打者で、いくつか長打が生まれてますが、
強烈なフォローの風に加えて、日本ハムの方針なのか、
どんな時でも外野が極端な前進守備をしていたので、
結果だけ見て評価するのは危険であると、
付け加えておきます。

まぁ、当てる事もできなかった選手との
比較はできると思いますが。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

>“俺の考え”(本田宗一郎著・新潮文庫)
情報ありがとうございます。
偉大なる技術屋&企業家ですから、
学ぶべき所はたくさんありそうです。


・サイドスロー
>サイドに向いているのはスリムで背筋が強いタイプ。
>逆に少し太くて腹筋が強いタイプは真上に近いオーバースロー。

なるほど。考えた事ありませんでした。
現在、サイドは圧倒的に少ないですが、
これは指導者が適性など考えずに、
教えているからかも知れませんね。

>料理が趣味の三児の父です。

お、そうでしたか。
私はやってもマニュアル通りにしかでいない、
要は才能も経験がないので、まず基礎知識からと思いまして。

>基本は“少なめ”です。
そこら辺の加減は、やはり経験でしょうかね。

とりあえず、私が読んでいる本は、
下ごしらえの塩をふるのは素材別に何分前とか、
炊飯器の「再加熱」ボタンを利用した旨い米のたき方とか、
(もちろん砥ぎ方の細かい所まで書いてあります)
役立つ事は間違いないですね。

あとは身につけるまでどれぐらいかかるか・・・。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/09

私も練習が必要かな・・・

久々の更新になりました。
結局、キャンプ中継もあまり見れず、
面白そうな記事も無く・・・。

あ、田村投手のフォーム、えらく変わってましたね。
後ろ(テークバック?)が異常に小さくなってました。
ヤクルトの五十嵐投手みたいと言えば良いのでしょうか。

でも、逆に、前(フォロー?)は、
凄く腕が伸びて大きな輪を描いてます。
どんな球なんでしょうね。
キャンプ中継では、そこまでわかりませんでした。
試合があれば、ぜひ投げて欲しいですね。

あとは、名前を忘れましたが、新人の投手。
なんだかバランスの悪いフォームでした。
かなり力みがあるのでしょうね。
下半身に安定感がありません。

新戦力の相木については、評判が高いですが、
球筋が見れてないのでコメントは難しいですね。
先発として結果が出なかったみたいですが、
阪神にくればワンポイントでしょうから、
また違ったものが出るかも知れません。

サイド繋がりで、伊予野。
新人の時に1勝しまいたっけ?
何故、今まで使われてこなかったのか。
もっと経験させないと成長しないかも。
今年が勝負でしょうか。
とにかく実戦を見ないと。

まぁ、サイド系については、
どんなフォームが良いのか、
今ひとつ自分で分からないので、
この程度になってしまいます。

・・・また野球の技術書でも探してみますかな。


本といえば、今、注文してる本は、なんと、、、

「調理以前の料理の常識」

という本です。(笑)

現在、我が家は、乳製品・動物性たんぱくを取らず、
有機野菜を使った食事に移行しているわけですが、
さすがに嫁も大変なので、私が料理するのを、
大歓迎と言い始めたのです。

ただ、レシピには材料と調理の順番しか書いてなく、
実際にどう包丁を入れるのか、「少々」の分量とか、
下ごしらえの細かい技は書いてない。
だから同じレシピでも、違う人が作れば、
似ても似つかぬ味のものができるわけです。

と、いうわけで、自分でもうまいものが食べたいので、
まずは常識の勉強から始めることにしました(笑)。

さて、結果やいかに。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

・オクスプリング
> 逆にあれで本人が言う6割の仕上がりではあまり期待出来ません。
今の段階は、日本代表を完封リレーした実力を信じるしかないですね。

・相木
> 一紙だけならともかく、数紙が絶賛していました。
私が一目置いている、有田氏も「よく出したな」と驚いてました。
期待はできそうです。あとは実戦で、どうなるか。

> そんな中、喜田と林が金本を取り合い。
遅すぎとは言いませんが、これから学んでも身につくのは来年。
昨年のうちに行くべきだったかも知れません。

> 今年、あの井川まで初日にブルペンで捕手を座らせたのは
早々に離脱したとか(笑)。
ほんと、まだまだ大人になりきれないようで・・・。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/03

遅ればせながら・・・?

春季キャンプですが、ビデオに録画して後で見る事にしました。
昨日、睡眠時間を削って当日分を見てみましたが、
相変わらず、まったりとした中継で、無駄が多くて・・・(笑)。
早送りしないと時間が勿体無いですからね。

記事を読むと、見てみたいのは、
オクスプリング投手、サイドスローの相木投手、
そして2軍ですが、水谷コーチ絶賛の前田大和内野手(18)。
集中してみたいと思います。

しかし、あまり補強が無いだけに、
今年のキャンプは、将来の有望選手探しだけに
なるかもしれません。


[res]

◎三児の父さん、どうもです。

> スポーツ新聞も当然そうですので、阪神ネタにはこと欠きません。
やはり、そうでしょうねぇ。。。
でも、まぁ、おかげでケーブルを導入できたので、
今の環境には、全然文句はないですけども(笑)。

・二番バッター
> 今年に限ってはシーツ、将来的には赤松が良いと思いますがねえ。
岡田監督の「適材適所」の采配、
とくと見させて貰いましょうよ。

> 自民に限らず議員全取っ替えが必要ですね。
本を読み進めているのですが、バブルぐらいから、
日本の政官業は滅茶苦茶になっているみたいですね。
議員に加えて官僚も何とかしないと、
何も変わらないのかも知れません。

・東横イン
> 安いらしいですが、私は絶対に使いたくないですね。
出張で使いましたが、お握りや味噌汁がタダで、
結構清潔だったので好感をもったのですが、
どうやら、たまたま、そのホテルの従業員が
良かっただけのようですね。

> 大体、私の長男は障害者(自閉症)ですし。
今の世の中、
「自分の利益にさえなれば何してもいい」、
「自分には関係ないから、どうでもいい」、
という日本人が、なんと多い事か。
こんな状況での心中を察しますと言葉になりません。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/02

いろいろとやる事が多すぎて・・・

待望のキャンプ中継が始まりましたが、なんと見る時間が。。。

見てないビデオも結構溜まっているし。

「山河燃ゆ」(CS再放送)、「功名が辻」(NHK)、
「チェオクの剣」(BS2)、「sukusuku」(TVK)、
他ドラマやバラエティ2、3本・・・
これに連日の猛虎キャンプレポートを加えるのは至難の業。

時間の使い方が問われる所です。

で、スポーツニュースを見てみたのですが、
阪神って全く出てこないですね。(東京では)
わずかに宜野座ドームが映ったぐらいでしょうか。

まぁ、今年も地味ですから、地上波で楽しては見れないようです。

清原と、こっちの方はバンバン映ってましたけどね。
『ノムラの考え』開講1時間!ヤクルト時代の方法に原点回帰

金銭問題で監督復帰するしかなかったとか噂も流れていますが、
そんな事は関係なく、やっぱり面白いです。


[res]

三児の父さん、どうもです。

> たまに出れるようならオフ会面白いですよ。

そうですね、私も昔は面白かったんですけども・・・。
私の前提として、
「オフで付き合う為には、まずオンラインで親しくなってから」
というのがあるんですが、今は他の所に出入りする時間もないので、
行きたいと思う会が無いというのが正直な所です。
仕事絡み以外での酒と、タバコは止めましたしね。
まぁ、本当、時間が無いです。

・二番バッター
> ですから、赤松か関本、シーツがベターだと思います。
翌日の報道で、1番鳥谷、2番赤星という案も出てきました。
藤本を置くよりは遥かに機能しそうです。
ただ、3番が誰になるかですね。
またシーツなのか、それとも浜中か。

・岩隈
> 井川も髪の毛切ってきたみたいですよ。
やっと、みんなの声が届いたのでしょう(笑)。

・アメリカの牛
> 自分の基準を押し付けるのは大間違いです。
向こうの認識というより、日本の政府がそれだけ腐っているという事でしょう。
今、「政官業」、そして「ヤ九ザ」との深い関わりを実名で告発している本を
読んでいますが、もう自民党は議員を総とっかえしないと駄目ですね。
(最近、読んだ本参照)

銀行・生保は既に破綻しており、大口預金者の「ヤ九ザ」に脅され、
その資産を守るた為に、官・政を動かして「税金」投入、また、
その負債を合併・吸収の繰り返しで誤魔化して、ただ延命している現状。
あるいは、ゼねコんや総カイやと政治家との癒着。

まるで共産国家。
日本に未来はないと断言できます。
(とりあえず、外国の銀行に金移すしかないかなぁ・・・)

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »